カナダ留学?バンクーバー留学?語学留学?

カナダ留学の費用を半分にする方法管理人によるカナダ・バンクーバー留学関連うんちくブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
カナダ西部―カナディアン・ロッキーとバンクーバー〈2003~2004年版〉
カナダ西部―カナディアン・ロッキーとバンクーバー〈2003~2004年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
バンクーバーをはじめ、カナダ西部への留学ワーホリを考えている人必携の書。カナダ横断の旅ではかなりお世話になりました。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

大学を休学してカナダ留学する人
イズミです。

突然ですが、僕の中でカナダ留学は、2種類のパターンに切り分けることができると考えています。もちろん例外パターンもありますが、


 ● 大学を休学して留学する人

と、

 ● 社会人を一旦やめて留学する人

と。

派生パターンとして、短大2年終えて留学して、カナダの大学に編入することもあれば、大学を終えて社会人にならず、そのまま留学をスタートさせる人。高校卒業と同時に留学して、カナダの大学に入学する人など。

いずれにしても、現状の20歳〜30歳というのが、一番留学する人が多い年代なのでしょうね。



僕がカナダにいたころ、といってもまだまだ昔の話じゃないですが、みんな生き生きした留学生活をしていました。特に、帰国後に就職活動をするわけで、そんな彼らはみんな真剣そのものです。

カナダ留学中に通うことになる学校は、ビジネスの学校に関して言えば、どちらかというと社会人経験があるほうが理解が早いです。が、それも年上の社会人留学組から色々と教えを請い、日々成長して吸収していく。

昨今では、日本でも就職活動前、もしくは就職活動後にインターンとして企業内で働く経験が重要視されてきていますし、学生側の意識も非常に高いものになってます。僕も活動後にインターンをしましたが、非常に良い経験となりました。(ま、それがきっかけでネット系の企業に就職したわけですが。)

インターンといえば、留学サービス会社でもひとつのブランディングというか、ひとつの突出したニーズがあるサービスですが、実際には、カナダに到着したあとでも、いくらでもコーディネートが可能です。

インターンをする企業、そして、その事前に受ける授業などは、やっぱり日本で決めなければいけない、と思われがちな印象ですが、ぶっちゃけた話、バンクーバーであれば、多種多様な企業がインターン関連会社と契約していますから。

簡単とは言わないまでも、カナダに滞在しながら価値観を見極め、自分が今後どんな人生を送りたいのか、どんな仕事を通して世の中に貢献していきたいのかを反映した業種を選定することが可能だったりします。



今日読んだ本の中の一説、

 ● やりがいのある仕事や、やりがいのない仕事があるわけではない

と。つまり、やりがい、仕事に対しての気持ちは、各自の価値観で決まるんだと。さらに、

 ● やりたい仕事を見つけるためには、何をやるのではなく、誰とやるか

を重視してみては? と。



確かに、会社をやめました、なんていう理由の大半が、上司とソリが合わなかっただとか、お局(つぼね)が嫌いとか、会社環境が・・・・、なんてことだったりします。

つまり、そこには、何をしてるのかなんてあまりない。営業5年やってましたなんて言ったところで、実質その仕事というのは、すでに完成された仕組みの中で動いてるに過ぎない。そこで自分の頭を使ってない人は・・・・。

仕事のことをとやかく言うつもりはないんですが、


 ● カナダでなら、新しい空気の中で、自分の本当の方向を見つけられる


のかも知れないな、と思ったわけです。どっちかっていうと、カナダは個性が簡単に理解される世の中だから。しかも、同じような感覚を持つ人どうしだから、より深く自分に向き合える時間が増えるから。



◆本日の一言
僕の弟が大学生なんです。僕も大学卒業時に就職活動をしながらモガいた経験があります。今、大学を休学して留学している人たちには、ぜひ素晴らしい人生の方向性を見出してもらいたいなと思います。

少しでも出来ることがあれば、ぜひ。Rちゃん、Mちゃん、Aくん、Tくん、Sくんなどなど、チーム美和オフィスで顔を合わせた面々、最後のラストスパートですよ!


仕事の選び方 人生の選び方◆本日の本
お友達が働いている会社で、人材雇用コンサルのワイキューブという会社があります。今、就職活動をしている人に知らない人はいないくらい有名な会社なんですが、その会社の社長が書いた本、

 ● 仕事の選び方 人生の選び方

です。

僕もいろいろとやってきた人生ではありますが、どことなく同じ意見が多かったので共感します。これから新卒で就職するという人も、転職するという人も。


◆Good and New
・お友達の周りで、結婚というキーワードが飛び交ってます。
・日曜日から3日間、実家に戻ります。メールチェックできませんが、ブログは書きます。
ブッシュ再選でカナダ移民拡大か?
イズミです。

本日金曜日、帰国から3週間が経過したわけですが、現状の生活は全て日本モードとなりました。電車に乗れば間違いなく満員。町を歩けば人で渋滞。そんな日々に慣れてくると、人間の環境順応性も怖いものです。感覚が狂いますね。(でもたぶん、これは東京限定だと思われ。)

カナダでは毎朝定期的に起きていましたが、日本となると、どうやら朝寝て昼起きという生活習慣になってしまうようです。昔からの生活サイクルが染みこんでるんですかね。

ここ最近、東京は晴天が続いているにも関わらず、日が落ちるのが早いために晴れを満喫できていなかったわけですが、今日はちょっとだけ早く起きて、昼前から外に出て本を読み、活動的に動いてみました。さらにこれから結婚するという大学の同期と話したり、本を読み、人と話した一日でした。

そんな中、現状を振り返る時間を持てたのは幸い。来週からのタイムスケジュールに則って活動してみたいと思います。

※ワーホリ、特に何も連絡ありません。不安じゃないですが、11月末には何かしらの報告があると思います。



さて、話は変わりまして、ブログ読んでる人で、この記事知ってる方います?

ブッシュにはウンザリ--カナダ移民局サイトに米国からのアクセス急増 - CNET Japan

カナダ政府当局者からの報告によると、米大統領に再選されたGeorge W. Bushが米国時間3日に受諾演説を行って以来、同政府の移民局サイトへのトラフィックが急増しているという。


ブッシュ氏再選のニュースは、日本はもちろん、カナダに滞在している留学生のみんなもご存知だとは思います。その余波が、こんな形で現れるのはおもしろいな、と思いました。

僕のお友達のカナディアンも、どちらかというとアメリカに対して良い印象を持っていない人が多いですし、戦争反対に関してのデモをやっていたりと、なかなか反アメリカ・反ブッシュ的なことを目にする機会がカナダには多いかも知れません。

そんな中、反共和党でリベラル派の米国人の間では、どうやらカナダに移民計画もあったりなかったり、ということなんでしょう。

僕自身もカナダへの移民を考えている身なので、この件に関しては興味津々で英文記事を探してみたいと思います。

※ちなみに、移民と永住は考え方が違います。



なぜか最近疲れやすくなっているのは、運動不足だからか。それとも知らぬ間に病魔に犯されているからなのか。カナダに留学してからというもの、精密な健康診断を受けてないので、年末にでもチェックに行こうかと思います。安心して1年間のカナダライフを過ごしたいものです。あ、おかげさまで歯のチェックは終わりました。



◆本日の一言
カナダ留学に行くことを最終目的にしていると、留学後に目標を失いかねない。なぜ留学をするのか。なぜカナダに行くのか。カナダから帰ったら○○をするんだ! という具体的なものがあると、より良い時間を過ごせるのかも。

少しだけ、日本に一時帰国中の目標設定が甘かったこともあり、反省しています。


もしもうさぎにコーチがいたら コーチングのお話◆本日の本
以前よりコーチング関連は読みたいと思ってましたが、学問としてのそれではなくてという制限で探していたら、こんな本に出会いました。

 ● もしもうさぎにコーチがいたら〜視点を変える53の方法〜

コーチングを意識していないけれども、人の話を聞く、質問のうまい人になるといったことはヨクヨク様々な本で語られていることです。英語を話す人にも共通して言えると思われ、とにかく聞き手にまわってみると、幸せなことが起こりそうな予感です。


◆Good and New
・焼肉を食べに行きました。やっぱりハラミでしょう。
・韓国映画の「ブラザーフッド」を見ました。戦争ヒューマンでした。
・来年の目標設定を今週末からスタートしたいと思います。

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved. Powered by "JUGEM"